2017年3月27日

メール送信エラー履歴の表示機能を追加

登録翻訳者(通訳者)に宛てて送信されたメール(フォームからの問い合わせ、パスコード送信、修正内容確認など)がエラー(メールが受信されない)になった場合の記録を保存し、送信エラー履歴として詳細情報ページに注意喚起表示する機能を追加しました。

この注意喚起によって、一般ユーザーが問合せのために送ったメールがエラーになって返ってきてしまう不都合な事象を防止します。

この機能は、サーバー自動送信メールおよび管理グループからの送信メールが対象です。一般ユーザーが送信したメールについては、翻訳者ディレクトリ側で状況を把握できないため、対象外。

※送信エラー履歴のあるメールアドレスは、一括配信サービスの配信先対象から除外されます。

※送信エラーの状態が長期間にわたって放置されている登録者について、利用規約に基づき登録解除となる場合があります。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.translator.jp/info/MTOS2/mt-tb.cgi/96

コメントする