2017年12月15日

海外の翻訳業者による悪質な詐称求人について

手口

第三者の社名、WebサイトURL、所在地、電話番号等を勝手に使用して、その会社による募集であるかのように装い、翻訳者を募集する。Webサイトの会社と詐称者とは無関係。

応募者がWebサイトをチェックすると、きちんとした業務をおこなっている会社であるため、何の問題も感じられない。
安心して応募すると、その応募先メールアドレスは、詐称者所有のものである。

確認されている危険なメールアドレス・ドメイン
@beintrans.com
@bigtranswork.com

上記に限らず、いくつものドメインや変名を使い分ける巧妙な手口が特徴です。見分け方の一つとして、Webサイトのドメインとメールアドレスのドメインが違っている場合は要注意です。※ドメインが一致している場合もある。

近年ドメインの取得が極めて容易になっているため、詐称者は多くのドメインを所有していると知っておいてください。

※現在までのところ、この詐称求人は、英文による求人のみで、日本語による求人は確認されていません。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.translator.jp/info/MTOS2/mt-tb.cgi/102

コメントする