世界の言語ランキング

キネマ翻訳クラブ開校記念キャンペーン
映像翻訳スクール

世界の言語 母語話者人口別ランキング

1 中国語(北京語・普通話) 8億8500万人 中国
2 英語 5億1000万人 英国・米国・カナダ・オセアニア
3 ヒンディー語 4億9000万人 インド
4 スペイン語 4億2000万人 スペイン・中南米諸国
5 アラビア語 2億3000万人 アラブ諸国・中東・北アフリカ
6 ベンガル語 2億2000万人 バングラディッシュ
7 ポルトガル語 1億7000万人 ポルトガル・ブラジル
8 ロシア語 1億7000万人 ロシア
9 日本語 1億2500万人 日本
10 ドイツ語 9800万人 ドイツ・オーストリア・スイス
11 中国語(広東語) 8000万人 中国(香港、マカオ、広東省)
12 ジャワ語 7550万人 インドネシア
13 韓国語(朝鮮語) 7500万人 韓国・北朝鮮
14 フランス語 7200万人 フランス・アフリカ諸国
15 中国語(びん語、福建語) 7000万人 中国(福健省、海南省)
16 ベトナム語 6700万人 ベトナム
17 テルグ語 6835万人 インド
18 マラーティー語 6474万人 インド
19 タミル語 6300万人 インド
20 トルコ語 5900万人 トルコ
21 ウルドゥー語 5800万人 パキスタン
※出典:2001年中日新聞に2008年以降各種人口統計を加味

言語の種類

地球上には6500種類の言語が存在すると考えられています。
世界の言語は、インド・ヨーロッパ語族、シナ・チベット語族など、大まかに10数種類の語族に分類されます。億単位の人に使われる言語もあれば、絶命寸前の言語も存在します。まだ発見されていない未知の言語もあるかもしれません。

言語の分類

言語の分類単位は、大きな分類から順に、語族>語派>語群または諸語となります。18世紀に世界人口の半数で話されている「インド・ヨーロッパ語族」 が発見されました。語族は、共通の祖先(祖語)を持つ、いわば遠い親類関係のような言葉の集団です。ただし、語群や諸語の中には、言語体系としての関連が不明確であるにもかかわらず、地域的なつながりだけで、まとめられているものもあります。
日本語や朝鮮語、バスク語などは、いまだに主要な語族との関連が明確になっていないため、孤立語として扱われています。

公用語

母語ではなく、公用語として見た場合、英語が世界で最も通じる言語であると考えて間違いありません。母語以外に英語を公用語または準公用語と定めている国も少なくありません。また、アジアにおいては大学程度の高等教育が全て英語(教授言語が英語)で実施される国が多いという事実も見逃せません。非英語圏でも、初等・中等教育の段階で外国語として英語を教育する国が大半(日本を含む)です。世界中の観光地はもちろん、ヨーロッパやアジアなどの国際ビジネス現場でも公用語としての英語の地位は圧倒的です。

母語に加えて英語を公用語(準公用語)と定めている国
インド(ヒンディー語)、パキスタン(ウルドゥー語)、フィリピン(タガログ語)、シンガポール、香港(中国語)、ケニア(スワヒリ語)、南アフリカ(アフリカーンス語)、ウガンダ(スワヒリ語)、アイルランド(アイルランド語) など
※カッコは母語

翻訳ランキング 翻訳者ディレクトリ 翻訳求人 ※コンテンツの転用・転載を禁じます。